シロクマゴロウブログ
アマゾンプライムビデオと子供に見せたい映画を紹介したい時々初心者ブログ作成して雑談
VODおすすめ

ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち(The Hummingbird Project)高頻度取引(HFT)高速取引(HST)

どうもシロクマゴロウです。

@shirokumagorou1

今日は、UーNEXTの無料体験期間に見放題で映画をみました。

「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」をご紹介します。

原題は「The Hummingbird Project」です。

監督 キム・グエン

エレベーション・ピクチャーズ

ショウゲート

2019年

カナダ・ベルギー


ちなみに、この映画はアマゾンプライムビデオでは、

見放題だけでなく、レンタルでお金を払うほうにも、

ラインナップされてなかった作品だったので、見られてうれしかったです。

 

VODがたくさんある中で、どのサービスが良いのか選ぶときに、

見たい作品があるかどうか、

または、面白そうなオリジナル作品があるかどうかは、

決め手になるポイントだと思います。

 

 

ハミングバード・プロジェクトのあらすじ

ヴィンセントとアントンは株の世界に身を置いています。

株の世界は浮き沈みが激しいです。

そんなときに、100%儲かる方法を思いついてしまいます。

高頻度取引や高速取引とよばれるやり方です。

具体的には、1秒に満たないミリ秒単位のような極めて短い時間の間に、

コンピューターでの自動的な株のやり取りをして儲けます。

注文が確定する前に、他人が欲しがる株の情報を得て、自分たちが買ってしまうのです。

 

ちなみに、ミリ秒とは、0.001秒のことです。

他社とのミリ秒単位の争いのために、

アメリカの中西部にあるカンザスシティーのデータセンターから、

ニューヨーク証券取引所まで、1600キロメートルもの距離を、

ただただまっすぐに光ファイバー回線を引いた話です。

 

アイデアは素晴らしかったかもしれませんが、

普通の人なら、こんなバカげた計画はやめると思います。

しかし、二人はやってのけてしまうのです。

ハミングバード・プロジェクトは実話をもとにしています

ちなみに、この映画は実話をもとにしています。

高頻度取引や高速取引とよばれるやり方は、

実際にはコストがかかる割には、思っているより利益が小さかったので、

だんだんと手法としては使われなくなりました。

それでもピークの2009年ごろには、実在の二人がいて、

1600キロメートルもの距離を、ただただまっすぐに通信回線を引くといった、

バカげた計画を実行して、大儲けした人物がいたのです。

フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち

映画「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」は原作となった本があります。

2014年に出版された本「フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち」です。

原題は「Flash Boys: A Wall Street Revolt」です。

作者はマイケル・ルイスです。

私はこちらの方を先に読んでいて、面白かったので映画も見ました。

 

映画と本の違い

映画と本の違いが明確にあります。

なんでしょう?

 

ヒントは!?

サブタイトルの時間の単位ではありません!

ちなみに、0.001秒とは1/1000秒のことでミリ秒といいます。

100万分の1秒がマイクロ秒、10憶分の1秒がナノ秒と言います。

本の時は、ミリ秒ではなく、ナノ秒でした。

 

冗談は置いておいて、話を戻して

それは、視点の違いです。

本の作者マイケル・ルイスは、

「本当に高頻度取引や高速取引とよばれるやり方は、株式市場にとってよいことなのか」

とみんなに問うていた気がします。

株式市場側の立場だったと思います。

本では「必ずカモにされる人間が出ることはどうなのか?」という立場です。

一方、映画作品では、二人の主人公の立場で話がされています。

つまり、プレイヤーの立場です。

映画では「すごいアイデアを思いついた人が儲かるのは良いことだ。

そのために、他人にバカげた計画だと思われても、

実際に実行して、大儲けした人物になったら、それでよい」という立場です。

結果のためには、手段を選ばないといった感じですかね。

 

つまり、本と映画では、実際に起こった出来事を題材にしても、

違った視点で描いたのです。

 

どちらが良いとか、面白いとか、それぞれの人の判断は、

作品の映画を見て、本を読んだ感想を持てばよいと思います。

 

それでも、本より映画のほうが、あまり売れなかったのは、

多くの人がそう思っているからではないでしょうか。

世界中がギスギスとしたこのコロナ禍の時代に、

すこしでも人間の良心を垣間見えた気がします。

 

 

ちなみに、東洋経済オンラインでも記事になっていました。

0.001秒短縮に命を賭けた男たちの儲ける執念

高頻度取引に支配される金融市場のリスク

 

記事の立場としては、

映画「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」より、

原作となった本「フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち」に

寄った意見のような気がします。

 

東洋経済と言えば

四季報ですね。

株とか投資家のかたは、もちろんご存じだと思います。

大学生や大学院生など就活生はこちらを読んでますかね。

最後に

以前記事を書いたU-NEXTをおすすめします。

公式サイトを見てもわかりますが、

動画の見放題の本数がVODの中で一番多いです。

その数なんと!

210000作品以上の動画が見放題。

これだけあれば、困りません!

逆に、見るものを選ぶのに困ると思います。

あなたが見たい作品がきっとあるはずです。

 

今回記事を読んで気になった方も、

いままで気になっていても、なかなか手が出なかった方も、

この機会にサブスクデビューしてみませんか?

 

そうすれば、あなたの生活が少し変わりますよ。

本当に最後にまとめます。

ご登録日を含む31日間以内に解約した場合、月額料金は発生しません。

登録は3ステップで簡単なので、登録してお得なお試し期間を体験してみよう!



日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

 

error: Content is protected !!