シロクマゴロウブログ
アマゾンプライムビデオと子供に見せたい映画を紹介したい時々初心者ブログ作成して雑談
Rinker

Rinkerの使い方と初めての設定 2021年Word Pressブログ初心者の方へ

どうもシロクマゴロウです。

@shirokumagorou1

前回の記事で、Rinkerを使えるようになって喜んでいました。

本当に、Rinkerはすごく簡単で便利です!

 

しかし、初心者にとってけっこう面倒くさいかもと思うような仕組みも含めて、

設定があるのでそのあたりを解説していきたいと思います。

Rinkerを初めて使う人にも、わかりやすく説明したいと思います。

 

2021年Word Press初心者向け Rinkerの使い方とはじめての設定について

2019年1月23日以降にAmazonアソシエイトのAPIルールが厳しくなってから

Word Pressブログを開設した初心者で

Amazonアソシエイト売り上げがなかなか上がらなくて困っている人

 

つまり、AmazonのProduct Advertising APIの認証キーが

まだ使えない人に向けて

たくさん物販をやるのに、商品リンクを簡単に作成できて、

管理したいプラグインがほしい人にむけて、記事を書いています。

Rinkerの使い方と初めての設定方法

おさらいですが、「Rinker」とは。

よく見かけますよね?

こんなやつです。

「おーいお茶」で試しに作ってあります。

 

みなさん、ブログで物販するときに、商品リンクを張ると思います。

一つの商品に対して「Amazon」「楽天」「Yahooショッピング」とあった場合、

それぞれのサイトから商品リンクを作成して自分のブログに貼らなければなりません。

その面倒くさいことを一括して作成してくれるプラグインが「Rinker」なのです。

記事が多くなっても商品リンク管理も一括でできるので、とても便利です。

Rinkerを初めて使う人にも、わかりやすく説明したいと思います。

 

この画面をスマホでみながら、PCで操作するとやりやすいかもしれません。

 

「Rinker」をダウンロードする。

「Rinker」はプラグインですが、通常のプラグインをインストールする時とは違います。

通常なら、ダッシュボード→プラグイン→新規追加でプラグイン名で検索してインストール

という流れだと思います。

 

いきなりですが、「Rinker」は、はじめのここから違います。

「おやこそだて」というサイトを運営されている「やよいさん」が作成されたもので

まず、やよいさんのサイトに行きます。

https://oyakosodate.com/rinker/

「Rinkerの利用規約」をよく読んで同意したうえで、利用してください。

 

そして、Rinkerのマニュアルのページをみながら、Rinkerの使い方を学んで、進めて下さい。

https://oyakosodate.com/rinker/manual/

 

必要なもの

pixivのアカウント

下記のBOOTHのサイトからダウンロードします。

https://rinker.booth.pm/

 

ダウンロードした「zipファイル」を自分のサーバーにアップロードします。

Word Pressの自分のサイトにログインする

ダッシュボード→プラグイン→新規追加→プラグインをアップロード

インストールして有効化します。

ダッシュボード→設定→Rinker設定

Rinkerをインストールして有効化するまでが完了しました。

これから、いろいろ設定していきます。

 

ここでマニュアル通りやろうとすると、

さっそく、わたしは、つまづきました。

AmazonのProduct Advertising APIの認証キーを入力できません!

 

ここで、やよいさんのサイトには、

Rinkerは「AmazonAPIを使用しています。」と「楽天市場APIを使用しています。」とあります。

APIとはなんでしょう。

簡単に言うと、「amazonや楽天の商品のデータベースを使わせてもらってます。」

ぐらいのイメージで初心者は認識しておけば、大丈夫だと思います。

 

そして、ここからです。

RinkerはAmazonのProduct Advertising API を利用しています。

2019年1月23日よりAPIの規約が変更され、

30日以上売上がない場合APIの利用ができなくなる可能性があります。

上記のように書かれています。

Amazonが「いままで自由に使えていたAPIを売り上げない人には使用させませんよ」

ってルールに変えました。

 

さあ、大変です。

「AmazonのAPIが売り上げがあるまで使えない」

それなら、ブログ立ち上げたばかりの初心者が使えるAPIは「楽天しかありません」

でも、大丈夫です。

Amazonの商品情報も「楽天」のAPIで検索しても商品リンク作成できます。

※ここをはじめ勘違いしていました。

(Amazonの商品が検索できないと思っていました)

Amazonアソシエイトの審査合格していなくても、

もしもアフィリエイトからの「Amazonの提携」ができれば、大丈夫です。

 

というわけなのですが私の場合、前回記事で書いたように、

Amazonアソシエイトの合格どころか審査もしてもらえない状態のブログ初心者が

もしもアフィリエイトからの「Amazonの提携」を断られてしまったので、

気持ち的にどん底に叩き落されました。

 

2019年以前は「AmazonのAPI」を自由に使用できていたのに、

最近ブログを立ち上げたら、売り上げがないと「AmazonのAPI」を使用できません。

2019年1月23日以降に、ブログを立ち上げた人はどうすればよいのでしょうか?

もしもアフィリエイトからの「Amazonの提携」ができれば、大丈夫です。

 

※Amazonアソシエイトの正規のアクセスキーやシークレットキーがあれば、

「AmazonのAPI」を使用でき、Amazonの商品情報が検索できます。

ちなみに、Amazonアソシエイトによると、売り上げを半年で3件ほど上げれば、

審査開始の対象になるみたいです。

それまで、頑張ってなんとか3件の売り上げを上げるしかありません!

初心者の人たち、頑張りましょう!

意味の分かる方だけで結構です。

もしもアフィリエイトからの「Amazonの提携」を一度断られた私です。

あなたのご協力が、審査開始へのチカラとなり私の助けになります。

Amazonアソシエイトの仕組みをご存じであれば、お分かりだと思います。

 

 

 

お茶でなくても、ご自身の好きなもので大丈夫です。

 

 

Rinkerで「Amazon」「楽天」「Yahooショッピング」の商品リンクを作るために

Rinkerの使い方と初めての設定方法を、わかりやすく説明したいと思います。

ASPに登録する。

バリューコマース

Yahooショッピングのアフィリエイトをやっているのが、

YAhooの関連会社の「バリューコマース」なので、登録しましょう。

 

 

コチラの記事も併せて読んでみてください。

初心者がアフィリエイトで稼ぎたいなら、ASPこの3社で決まり!

登録したら、「Link Switch」タグを張り付ける

バリューコマースの管理画面から

「広告の作成/管理」→「Link Switch設定」をクリックする

「Link Switch」のタグがあるのでコピーする。

 

Rinker設定のためにWord Pressの自分のサイトにログインする。

ダッシュボード→設定→Rinker設定

Yahooショッピング(バリューコマース)設定のところにある

アフィリエイトID 「Link Switch」にさっきコピーしてきたタグを張り付ける。

ConoHaサーバーをご利用の方へ

ここでもしLinkSwitchの入力で

「閲覧できません(forbidden access)」のエラーが出たら、

ConoHaのサーバーでWAFの設定をOFFにしてください。

もしくは、別のやり方として「sidとpidを張り付ける」ことでも設定できます。

 

バリューコマースの管理画面からYahooショッピングの広告プログラムを検索します。

Yahooショッピングの広告プログラムの広告を作成します。(まず提携してください)

それから「広告作成」ボタンをクリックする

広告タイプを「MY LINK」を選ぶ。

「コピーしたURLを貼り付ける」は「https://shopping.yahoo.co.jp/」

「広告となるテキストを入力する」は「テキスト」

「広告となる画像URLを入力する」は「空欄」で大丈夫です。

「MyLinkコードを取得」ボタンをクリックする。

MyLinkコードの中にある「sidとpid」をコピーする。(2行目ぐらいにある)

 

Rinker設定のためにWord Pressの自分のサイトにログインする。

ダッシュボード→設定→Rinker設定

Yahooショッピング(バリューコマース)設定のところにある

アフィリエイトID にさっきコピーしてきたタグを張り付ける。

「sidとpid」を張り付ける。

これで、RinkerのYahooショッピングの設定は完了です。

 

もしもアフィリエイト

「楽天」をRinkerに設定

「楽天」をRinkerに設定したいのですが、

楽天アフィリエイトだと、楽天ポイントで支払われたり、いろいろ面倒くさいので、

もしもアフィリエイトだと現金で支払われますのでRinkerに設定します。

もしもアフィリエイトに登録しましょう。

 

 

もしもアフィリエイトに登録すれば「楽天」は提携されます。

もしもアフィリエイトの管理画面

プロモーション検索→提携中プロモーション

楽天の「広告リンク取得」をクリックする。

広告のソースのなかにあるもしもアフィリエイトの楽天用ID

(7桁の数字です)をメモする。

「id=7桁の数字」と表示されてます(2行目ぐらいにあります)。

 

Rinker設定のためにWord Pressの自分のサイトにログインする。

ダッシュボード→設定→Rinker設定

もしもアフィリエイト設定のところにある

「楽天ID」にさっきメモした7桁の数字を入力する。

もしもリンク優先ショップ「楽天」にチェックを入れる。

「amazon」をRinkerに設定

続いて「amazon」をRinkerに設定したいのですが、

バリューコマースより利率が良いので、もしもアフィリエイトで設定しましょう。

もしもアフィリエイトに登録しても自動で「Amazon」は提携されません。

頑張って提携しましょう。

Google AdSenseより難しいとの情報もあったります。

 

なんとか頑張って、提携までこぎつけたら、

もしもアフィリエイトの管理画面

プロモーション検索→提携中プロモーション

「amazon」の「広告リンク取得」をクリックする。

広告のソースのなかにあるもしもアフィリエイトのamazon用ID

(7桁の数字です)をメモする

「id=7桁の数字」と表示されてます(2行目ぐらいにあります)。

 

Rinker設定のためにWord Pressの自分のサイトにログインする。

ダッシュボード→設定→Rinker設定

もしもアフィリエイト設定のところにある

「amazonID」にさっきメモした7桁の数字を入力する。

もしもリンク優先ショップ「kindle」と「amazon」にチェックを入れる。

 

これでRinkerの設定は完了しました。

ここまで、Rinkerの使い方を説明しましたが、お役に立てたでしょうか。

お疲れさまでした!

 

Rinkerを使って、商品リンクを作成

いよいよ、Rinkerを使って、商品リンクを作成してみましょう!

 

記事を書く投稿画面にある「商品リンク追加」ボタンをクリックする

探したい商品キーワードを入力して検索する

ここで「AmazonのProduct Advertising APIの認証キーがまだ使えない人」は

Amazonから商品検索はできません。

「楽天市場商品検索」タブをクリックしてから、

探したい商品キーワードを入力して検索する

商品リンクがショートコードで完成します。

自分のブログに張り付けてください!

以上です!

 

これで、一つの商品に対して「Amazon」「楽天」「Yahooショッピング」

一括して商品リンクを作成してくれます。

初めて使ったときは、感動しました!

 

「コカ・コーラ」で試しに作ってあります。

なんと5秒で作成できました!

 

設定についての解説は長々と書きましたが、商品リンク作成は短いです。

本当にそれぐらいRinkerを使って、商品リンクを作成するのは簡単です!

「Rinkerの使い方」はすごく簡単なんです!

ただ、設定がすこし面倒くさいのです。

それだけ。

設定が終われば、すごく便利!

Rinker「楽天市場商品検索」で楽天APIのエラーがでるときの対処方法

【エラー】リクエスト回数が多すぎます。しばらく時間を空けてからご利用ください

上記のように出る場合、しばらくして検索すると大丈夫な場合もあります。

 

ここもRinkerの使い方で初心者がつまづくポイントだと思います。

別の記事で簡単に対処方法を説明します。

Rinkerでエラーで出るときの対処方法の記事はこちら

 

迷っている場合ではない!
光ファイバー回線(FTTH)は「NURO光」の1択で決まり!

\自宅がサービス提供エリアかどうか確認してみて/

 

\実績のあるプロに一番安いプランを教えてもらおう/


たった30秒の簡単入力で相談できる、ネット回線を比較する。

「光コラボ比較ナビ」運営会社の株式会社エイチーム引越し侍は、

株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業だから安心です。

error: Content is protected !!